九星気学とは

九星気学とは

九星気学とは、きゅうせいきがくと読みます。
占いを勉強していない者にとって、九星気学とは、あまり耳慣れない言葉ですが、
生まれた年月日を九星と干支、五行を組み合わせた占術のことを言います。

九星とは、一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星
の、9種類のいずれかに当てはまるものです。

この一白水星などの言葉は占い雑誌等で観たり聞いたことがある方も多いかもしれませんね。
九星気学とは、九星術を元に明治42年に園田真次郎という方がまとめたものだそうです。
日本生まれの占いなんですね。

自分がどの九星に当てはまるかは、無料占いサイト等で
自分の生年月日を入力すると簡単に知ることができます。

また、「運命学」、「方位学」、「道徳書」、「統計学」とも呼ばれており、運勢全般を占うことができます。
仕事運、恋愛運、結婚運、生涯の運勢、勉強運、人脈運、総合的な運勢などを鑑定します。

九星気学は、運勢鑑定に振り回されるのではなく、運命は想像するものという心構えで生活し、
運勢を知ることで質の良い行動ができるためにあるのだそうです。

九星気学で自分の運勢を見たら、翻弄されずに
どういう風に対処して生きていったらいいのか考えるのが真の使い方ということですね。