星占いとは

星占いとは

星占いは、星座占いとも言われています。
占い手法でメジャーな西洋占星術を簡略化した占い方法で、
サン・サイン占星術(太陽星座占い)とも呼ばれています。

星座とは、占星術の「宮」のことでサインとも呼びます。
ですから、星座と言って連想する夜空の星座とは考え方が違っているのです。

星占いは、誕生時に太陽が十二宮のうちの
どの宮(サイン)に位置していたかによって性格や相性、運命を占う方法です。

アメリカ人の1/4もの人が星占いを信じているという世論調査の結果もあり、
日本だけではなく海外でも認知度がある占術なのです。

日本でも、昭和の頃からすでにティーン雑誌や女性ファッション誌、
主婦雑誌に必ずと言って良いほど、星座占いが掲載されていました。

平成に入ると、朝のニュース番組でも占いコーナーが登場し、
12星座占いのみならず、13星座占い、24星座占い等もありました。

最近は、ピークを過ぎたのか、朝のテレビ番組の占いコーナーは、
数が減りましたがすっかり定番になっている様子です。

12星座占いは下記の通りです。
3月21日〜4月19日生まれは白羊宮(おひつじ座・牡羊座)
4月20日〜 5月20日生まれは金牛宮(おうし座・牡牛座)
5月21日〜6月21日生まれは双児宮(ふたご座・双子座)
6月22日〜7月22日生まれは巨蟹宮(かに座・蟹座)
7月23日〜8月22日生まれは獅子宮(しし座・獅子座)
8月23日〜9月22日生まれは処女宮(おとめ座・乙女座)
9月23日〜10月23日生まれは天秤宮(てんびん座・天秤座)
10月24日〜11月22日生まれは天蝎宮(さそり座・蠍座)
11月23日〜12月21日生まれは人馬宮(いて座・射手座)
12月22日〜1月20日生まれは磨羯宮(やぎ座・山羊座)
1月21日〜2月18日生まれは宝瓶宮(みずがめ座・水瓶座)
2月19日〜3月20日生まれは双魚宮(うお座・魚座)

13星座占いの場合は、へびつかい座が加わり、12星座の時と星座が異なる人と同じ人に分かれます。
星座占いは、女性誌に盛んに取り上げられている一方で男性はあまり意識しないという方も多いようです。