動物占いとは

動物占いとは

動物占いとは、生年月日で占う方法でその人の性格を動物に例えて表現します。
日本で始まった占い方法で、1999年頃ブームになり、
当時は合コンで「あなたの動物占いは何?」なんて聞くのが当たり前のような時代でした。

もともと、陰陽五行思想を基にした四柱推命の十二運星を
動物に例えたものなので、意外と占い方法としては、しっかりしています。

もともと性格を占う方法でしたが、流行してからは、
相性診断や恋愛などの色んな動物占いができました。

従来の動物占いでは、虎、狼、猿、子守熊、ペガサス、ゾウ、ライオン、チータ、ひつじ、黒ひょう、こじか、たぬきに分類されています。
それぞれの動物には、色が振り分けられていて、その色は、生まれた日の十干に対応しています。

さらには、四柱推命をもとに「表面」「意思決定」「希望」「隠れ」の
4種類の動物から掘り下げて性格や相性を占うものです。

現在では、進化版動物占いが多く、60種類などの豊富な動物に例えられる種類もあれば、
絶滅種で占うような動物占いも存在しています。

「動物占い(R)」という言葉は、(株)ノラコムに登録商標されています。
まだ自分の動物をご存知ない方は、占ってみても面白いかも知れませんね。